FC2ブログ

音のサカナ

sakanaによる音楽の話と日々の戯言。

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yoko Kanno

3枚目のアルバム『BLUE』。
ほんわか系でこちらもステキ。

COWBOY BEBOP SOUNDTRACK 3 - BLUE
シートベルツ 山根麻衣 ティム・ジェンセン 菅野よう子 スティーブ・コント SYDNEY with sister R ガブリエラ・ロビン
ビクターエンタテインメント (1999/05/01)
売り上げランキング: 2,595

全体的にほんわか系(?)なまとまりで、フレンチポップとか入ってます。
Jazzも“N.Y.RUSH”とかいって、さっぱりN.Y.テイスト。
明るい雰囲気にまとまってるのです。

中でも、エド好きの私としては、
本人の歌う“WO QUI NON COIN”がかわいくてかわいくて♪
ても、カウビでは声優さんが歌うのが珍しい感じ。
エドが2曲とマリアが1曲歌ってたかなー?
でも、フランス語歌ってるんです。
すごいですよねー。
ちゃんと、菅野よう子ワールドにはまってます。

私的に“MUSHROOM HUN”や“GO GO CACTUS MAN”なんかも、
菅野よう子らしさが出てる一曲だなぁって思います。
結構、そういう曲にエドの関わりが多くて楽しいんですけどね。
“GO GO CACTUS MAN”なんて、西部劇な雰囲気なのに、
カエルが跳ねるような音でリズム打ってて、おかしいったらないです。
それも、アニメ見ればはまるのがわかります。

そんな傍ら、オペラとかも入ってて、
面白い感じにまとまってますねー、コレ♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://otonosakana.blog8.fc2.com/tb.php/144-7cda486e

 | HOME | 

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

sakana

sakana

音楽を餌にする生き物。
ジャンルは幅広く、主に聴くのはjazz、hiphop、house、R&Bなど。

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。